menu
search
主夫のブログ。育児、映画、展覧会、バスケetc

閉じる

CLOSE
CLOSE

本格的!3歳娘がカワイのミニピアノにハマり中。大人も遊べるよ。

      2017/07/31

娘がミニピアノにハマり中のかつかつ主夫です。

ミニピアノといえば、ボタンを押すだけで曲が流れるものや、キャラクターものなど様々な種類がありますね。1歳、2歳くらいの子どもの興味を引くという意味では多機能なものも良いと思います。

より本格的なものが欲しいという方にはピアノの機能だけを備えていて、なおかつ鍵盤数が多いミニピアノがおすすめです。

我が家では、娘の2歳の誕生日にカワイ(KAWAI)のミニピアノをプレゼントしました。楽器メーカーのカワイが製作しているものだけあって音程は正確ですし、専用の楽譜もあるので大人も一緒に楽しめます。

以下、カワイのミニピアノのおすすめポイントや実際に使ってみた感想などをまとめました。

▼我が家で使っているのはこのタイプ。※2017年7月28日に同タイプの新バージョンが発売されました。

カワイのミニピアノの感想&おすすめポイント

まずは、我が家でカワイのミニピアノを選んだ理由や感想、おすすめポイントなどについて紹介します。

正確な音程

ミニピアノを選ぶ上で大きなポイントだったのは、正しい音程が出せるかどうか。最初だからこそなるべく正確な音を聞かせてあげたいと思っていました。もう少し大きくなったらピアノを習わせたいという希望も持っています。

カワイのミニピアノの特徴の一つは正確な音程が出せるということ。音源はアルミパイプで、KAWAIのホームページによると音程は半永久的に狂うことはないそうです。

シンプルな機能(ピアノのみ)

ミニピアノには電子タイプの多機能な商品も多く出ていますが、うちの場合は娘にはなるべくピアノを弾くことだけに集中してほしいと考え、ピアノ機能のみのミニピアノを選びました。

実際にどうなのかは分かりませんが、多機能なものだとそれらに興味を奪われてピアノを弾くことに集中できない気がしたので。ボタンを押すと曲が流れるおもちゃはすでに家にあったということもあります。

鍵盤の多さ

鍵盤の多さもポイントでした。我が家で買ったカワイのミニピアノは鍵盤が32鍵あり、大人が弾いても楽しめます。

子どもと一緒に遊ぶときに親が飽きてしまうことってよくありますよね。親も楽しめるというのはけっこう大きなポイントだと思います。雨の日の休日などは室内遊びがメインになるのでこちらも楽しめないとなかなか辛いです。

32鍵だと表現の幅がグンと広がるので、ある程度ピアノが弾ける人なら飽きることなく子どもと一緒に楽しめると思います。

※カワイのミニピアノには25鍵タイプもあります。

▼カワイのミニピアノ(32鍵タイプ)の演奏デモ

手触り感

カワイのミニピアノは楽器メーカーが作っているだけあって鍵盤を押した時の感覚なども本物のピアノに近いものがあります。

少し強めに鍵盤を押さないと音が鳴りませんが、子どもはけっこうバンバンと強めに弾くことが多いので、ちょうどいいんじゃないかと思っています。

デザイン

カワイのミニピアノはデザインがおしゃれです。個人的にいかにも子ども向けといったガチャガチャしたデザインが好きではないというのもありますが、本物のピアノをそのまま小さくしたようなシンプルなフォルムが気に入っています。

私たちが購入したのはグランドピアノ(屋根の開かないバージョン)のレッド。我が家では娘の他のおもちゃとは異彩を放つ存在感です。

やっぱり見た目がカッコ良いと愛着が湧きますね。デザインに関して娘がどう思っているかは不明ですが、少なくとも親としてはとても気に入っています。

日本製

日本で流通している玩具の多くは中国をはじめとする海外で作られたものが多いですが、カワイのミニピアノは日本製です。

やはり日本製だと安心するという人は多いでしょうね。最近では中国製の商品もだいぶ高品質になってきた印象がありますけど。

30年の歴史

楽器メーカーのKAWAIが初めてミニピアノを発売したのは1985年。30年以上の歴史があると聞くとなんとなく安心できます。

ちなみにKAWAI(河合楽器製作所)は1927年に設立。同年にはすでにピアノ第一号を販売しています。90年の歴史を誇る楽器制作会社が作ったミニピアノであるということも信頼性につながっていると思います。

参照:カワイピアノの歴史

辻井伸行

カワイのミニピアノといえば、ピアニストの辻井伸行さんが子どもの頃に使っていたということでも話題になりましたね。

辻井さんがヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールに優勝したのが2009年。このとき、幼少時代の辻井さんの映像がテレビで何度も流れ、そのときに使っていたのがカワイのミニピアノということで認知度が格段とアップしました。

著名なピアニストが幼い頃に使っていたと聞けば、信頼できる品質なんだろうなと思ってしまうのも自然なことだと思います。

▼辻井伸行さんが使っていたカワイのミニピアノはこちらのタイプ(25鍵)。

どんな風に遊んでる?

最初はとにかく音を楽しむ

我が家では娘の2歳の誕生日のプレゼントとしてカワイのミニピアノを買いました。

※我が家で購入したものは3歳以上向けです。

最初のうちはバンバン鍵盤を叩いてただ音を出すことだけを楽しんでいて、しばらくすると鍵盤を1つ1つ順々に押すように。左から右に行くにつれて音が高くなっていくことをなんとなく理解していった気がします。

当然ながら2歳くらいですと、よほどの天才でない限りまともに曲を弾くなんてことは不可能です(ちなみに辻井伸行さんは2歳7ヶ月で演奏していましたね。最近また当時の映像を見返しましたが驚愕です)。

まずは、鍵盤を押すことで音が出るというシンプルな面白さを味わってもらえれば十分ではないかと思います。

デタラメながらも歌いながら弾くように

娘が3歳になってからは保育園で覚えた歌やオリジナルソング(娘作)を歌いながら弾いて遊ぶようになりました。弾き語りみたいな感じです。

ミニピアノに乗せた円柱の積み木をマイクに見立てて熱唱しています。おそらくテレビで音楽番組かなにかを見て覚えたのでしょう(笑)。もちろん演奏はデタラメです。

大人も一緒に楽しめる

我が家で購入したカワイのミニピアノは鍵盤が32鍵のタイプ。簡単な曲なら両手で演奏できてしまいます。

私はそれほど弾けないのですが(一応小学校時代にピアノは習っていましたが・・)、妻が高校までピアノを習っていてかなり上手に弾けるので、保育園で習った歌(ドレミの歌、チューリップ、ひなまつり、七夕の歌etc)を妻が弾き、娘が歌ったりもしています。

3歳半頃からは、そろそろ音階を教えてもいいかなと思い、ドレミの音を確認しながら一緒に弾いて楽しんでいます。

▼ミニピアノ専用の楽譜もあります。

ラインナップ

最後にカワイのミニピアノの商品ラインナップを紹介しておきます。

KAWAI ミニピアノ P-32 (赤)

我が家で購入したのはこのタイプ。鍵盤数は32鍵です。カラーはレッドを選びました。色合いはとても鮮やか。初めてこのピアノを目にしたときの娘の驚きの表情は忘れられません。

▼2017年7月28日に同じタイプの新バージョンが発売されました。前のバージョンと比べて鍵盤の強度が増していて、付属の脚が3本から4本になっています。

KAWAI グランドピアノ

屋根が開くグランドピアノ型のミニピアノはやはり見た目に高級感がありますね。

▼こちらは温かみのある木目調のデザイン。

▼ブラックはまさに「小さなグランドピアノ」といった感じです。

KAWAI アップライトピアノ

2015年にカワイミニピアノの発売30周年を記念して発売されたアップライト型のミニピアノ。他のタイプに比べて高さはありますが、たて型ということでスペースを取りません。

カラーはブラックとホワイトの2種類

KAWAI ミニピアノ P-25 (ピンキッシュホワイト)

こちらは根強い人気を誇る鍵盤数が25鍵のミニピアノ。ピアニストの辻井伸行さんが幼少期に使っていたのはこのタイプです。2009年に辻井さんがコンクールで優勝したときにはバカ売れしたそうです。

▼25鍵タイプの演奏風景。

以上、カワイのミニピアノについて紹介しました。

関連記事

▼保育園・幼稚園の通園リュックのおすすめを紹介しています。

▼父親でもできる寝かしつけのコツ。抱っこひもが大活躍。

▼雨の日の送迎に活躍するレイングッズを紹介。実際に買った商品の感想など。

▼娘が通うモンテッソーリ教育の保育園についての感想。