かつかつ主夫ブログ

主夫ブログ。子育て・保育園・小説・映画・美術館巡り

保育園のお迎え問題|働く母親は疲弊しまくり!父親も送迎を!

   

child-care-bike
photo credit: Amsterdam beweegt via photopin (license)

保育園の送り迎えは大変

今さら言うまでもないことですが、保育園のお迎えって本当に大変ですよね。仕事中もお迎えの時間のことが頭をよぎって中々集中できなかったり、焦ってミスをしてしまったりなんて人も多いかもしれません。長時間に渡る無意味な会議に出なければならないときなどは最悪です。まさに会議は踊る、されど進まず状態。ザ・ジャパニーズ会議。子育て中の社員が置かれた状況など全く目に入っていないのだろうと思われるオッサンたちの無駄話を延々と聞かされた日には一人一人ビンタしてやりたくなるでしょう(もちろんまともな会議もあるでしょうが)。

保育園が駅や自宅から遠かったり、台風や雪の日なんてもう苦行です。そう、苦行ですよ。保育園のお迎えは苦行です。そんなしんどいことを、多くの働く母親の肩に担わせてしまっているのが日本社会です。

スポンサーリンク

働く母親にかかる大きな負担

毎日新聞のネット配信記事にこんなものがありました。

<育児>子供をお迎えに行く父親は本当に出世できないのか

明治大商学部准教授で社会学者の藤田結子さんが、保育園の送り迎えの現状を伝える内容になっています。まず、保育園の送り迎えの大変さについて次のように書かれています。

子供の送り迎えはかなり複雑なマルチタスクです。疲れた体で通勤電車に揺られ、夕食の献立と食材の買い物を考えつつ、駅に着いたらヒールの靴で小走りに駐輪場へ。全速力で自転車を飛ばし、ぎりぎり園に滑り込みます。休む間もなく買い物と夕食作りですが、いくら効率よく成し遂げても評価されることはまずありません。

まじで壮絶ですね。我が家は僕が在宅フリーランスで妻は職場まで徒歩圏内、保育園は自宅から自転車で10分弱という、送迎の面ではそこそこ恵まれた環境にありますが、それでも楽ではありません。自宅から会社も保育園も遠かったり、さらに子どもがそれぞれ別の保育園に通っていたりする人なんかは体力的にも精神的にもとてつもなく消耗するであろうことは想像に難くありません。

で、問題なのは、多くの場合、この難易度の高いタスクを夫婦でシェアするのではなく働く母親に一方的に担わせてしまっているという現状です。再び先ほどの記事から引用します。

実際、厚生労働省の調査(2012年)によれば、保育園の送り迎えをしている約171万世帯のうち、「送り迎えとも母親」は115万世帯(約7割)に達しています。「父親が送り、お迎えは母親」が16万世帯、「送り迎えのいずれかが母親」が13万世帯。共働きであっても送迎は圧倒的に母親の役目、父親がお迎えを担当する世帯は1割以下です。

この記事を読んだ多くの人と同じように僕は、父親、もっとやれよって思いました。共働きなんだから、シェアすべきだろ、と。さらに、最初に引用した箇所に書かれているように、多くの共働き世帯では、夕食の支度等の家事の負担も母親に偏っています。このような状態が続けば、フルタイムで仕事がしたいと思っている女性たちもスタミナ切れしてしまうことは自明です。多くの人が時短勤務やパートタイムを選択するなどして、昇進や昇給から遠ざかるいわゆるマミートラックへと追いやられます。みんながみんな、雑誌で特集されるような「バリバリ働いて家事も育児も完璧にこなす」スーパーウーマンになれるわけないし、そもそもなる必要もありません。

そんな過大なタスクを働く母親に要求するなら、なぜ働く父親に同じことを要求しないのか。日本社会における旧態依然とした性別役割分業意識の歪さがここに表れていると思います。

スポンサーリンク

【経験談】保育園の送迎で見かける父親の割合

保育園の送りでは父親の姿もちらほら

僕は在宅で仕事及び家事をしている、自称兼業主夫です。時間の融通がきくので、基本的に保育園の送り迎えは僕が担当しています。仕事が早く終わった時には妻が行ってくれることもあるので(ありがとうございます)、いい感じにシェアできていると思っています。

僕の主観なので正確な数字ではないですが、うちの娘が通っている保育園(東京市部)では朝、結構父親の姿を見かけます(たまにお爺さんお婆さんの姿も)。それでもせいぜい4人か5人に1人くらいの割合なので、決して多くはないですね。

保育園のお迎えでは父親を滅多に見かけない

お迎えとなると、断然お母さんだらけです。父親を見かけることはほとんどありません。たまに見かけるのは、「私服を着たフリーランスで仕事をしてるのかな?」って思うような人ですね。スーツの人は見たことない。7時とか8時とかになるともっといるのかもしれないですが。

スポンサーリンク

残業を減らし、多様な働き方を提供することが必要

お題目のように「女性活躍」などと唱えているだけでは意味がない

少子高齢化、人口減少社会に入った今日、女性の活用やら女性の活躍といった言葉が声高に叫ばれていますね。保守政治家のおじいちゃん達の中にも「移民を入れるくらいなら女を働かせた方がまし」と考える人が多いようです。ただ、人口減少という問題解決のための方法は色々と議論に上がりますが、いざ実行するとなると一筋縄ではいかない現状があります。表向きは女性活用を謳う政治家がそもそも子育て環境やそこに密接に関わって来る労働環境等についての知見がなく、有効な手立てを打てないという問題もあるし、「男が外で働き女が子育て」といった昭和か!と突っ込みたくなるような旧来型の思考に凝り固まっている人(政治家に限らず)が多いという現状もあるでしょう。

早くお家へ帰ろう

様々ある問題の中でも僕が特に重要だと思うのは、日本企業が社員を会社に縛りつけ過ぎだということです。小さな子供がいる父親、母親に、当たり前のように遅くまで残業を強いるという企業体質が、子育て世帯(特に母親)の生活を圧迫し、保育所の負担を増やし、キャリアを断念する人を増やし、労働人口を減らし、税収を減らし、財政を火の車にする、といったら言い過ぎかもしれませんが、こういったことの主要な原因の一つになっているのではないでしょうか。

僕もサラリーマンをやっていたので分かるのですが、「会社に長くいるやつほど偉い」という古臭い価値観が未だにはびこっているんですよね。しかも多くの父親は「俺一人だけ早く帰れるわけないだろ」とかなんとか言って、国際的に見れば極めて特殊な日本の企業文化をあたかも普遍性を持った常識であるかのように振りかざし、家事、育児の責任から逃れるためのエクスキューズとして利用してしまう。こういった戯言を吐かせないためにも、短い時間で高い成果を挙げられるような仕組みや、在宅勤務のような多様な働き方を社員が選択できるようなシステムを企業が作り、それを国が支援する必要があると思います。

まあ現実は中々難しいにしても、日本の企業文化、労働環境の変革が実現できれば、子育て世帯の壮絶な日常はもう少しゆとりのあるものになるでしょう。父親だって定時で退社できれば保育園のお迎えガンガン行けますよね。育児に積極的に関わりたくても会社との兼ね合いで中々できないと忸怩たる思いを抱いている父親たちも、一人で家事育児を背負い込んでパンク寸前の母親たちも皆万々歳です(テキトーな締め)。

ついつい熱くなり、最後は大きな話になってしまいましたが長くなりましたのでこの辺で。

ではでは。

 - 主夫, 保育園, 子育て

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


  関連記事はこちら

cat_eyecatch
専業主夫になりたい人が知っておくべきリスクと対策。

日々、家事育児に勤しんでおります、かつかつ主夫@katsu2_shufuです。 …

kumitaisou-img
保育園でも組体操?運動会は親の感動より子どもの安全を優先すべき。

かつかつ主夫@katsu2_shufuです。 先日、2歳の娘が通う保育園の運動会 …

anpanman
一歳の娘がアンパンマン教に入信|かわいそうなバイキンマン

アンパンマンの感染力って凄まじいですね。子育ての先輩である兄姉たちから「子どもは …

yukidaruma01
雪の日の保育園に抱っこ紐で行ってきた!転倒に注意!

保育園の送迎を担当しておりますかつかつ主夫です。 先日、私が住んでいる東京西部は …

odoriko01
キッズルーム付きのスーパービュー踊り子号は子連れ旅行に超おすすめ!

どうも、雨続きで保育園の送迎に四苦八苦しているかつかつ主夫です。先日、妻の夏休み …

no image
卒乳について|母乳をいつまであげるかは母親が決めることだと僕は思う。

どうも、かつかつ主夫です。今娘が1歳5カ月で、大の母乳好きです。妻が仕事から帰宅 …

no image
蕁麻疹になったとき保育園はどうする?対処法は?まずは病院へ!

先日、2歳の娘が蕁麻疹(じんましん)になりました。顔が腫れあがり、別人のようにな …

crying baby
子どもの車内放置は他人事ではない。事故を防ぐための具体的な対策は?

毎年夏になると車内放置された子どもが死亡するというニュースをよく目にします。先日 …

bird
保育園の保護者懇談会に(妻が)行ってきた!内容は?父親の参加は?

保育園の保護者懇談会(またの名をクラス懇談会)なるものに妻が参加してきたので、そ …

romancecar_top
小田急ロマンスカーをスマホで予約!座席指定や空席状況の確認も。

(小田急ロマンスカーFacebookページより) どうも。小田急ロマンスカーのヘ …