かつかつ主夫ブログ

主夫ブログ。子育て・保育園・小説・映画・美術館巡り

一歳の娘がアンパンマン教に入信|かわいそうなバイキンマン

      2016/11/11

anpanman

アンパンマンの感染力って凄まじいですね。子育ての先輩である兄姉たちから「子どもは必ずアンパンマンを通る」としきりに言われていたのを思い出します。「みんな大好きアンパンマン」っていうのは真実かもしれません。ただ、僕はアンパンマンがどうにも好きになれないんですよね。今日はアンパンマンについて考えてみたいと思います。

アンパンマンは金の匂いがする

親の財布に目を光らせる金食いモンスター

アンパンマンってアニメだけに留まらずキャラクターグッズやおもちゃ、オムツの絵柄等、子育てにまつわるあらゆるところに顔を出しますよね。アニメを見ていても、CMの間中アンパンマン関連のおもちゃの宣伝が流れ続けます。時折、親たちの財布に目を光らせている獰猛な金食いモンスターのように見えてきます。常に笑っているあの表情が、サイコ感満載で不気味です。

これは子どもが産まれる前から思っていたことで、アンパンマンの猛烈な人気は、世間全体でアンパンマン大洗脳キャンペーンを行っている結果ではないかと推測していました。もちろん、顔のシルエットがまん丸くて子ども受けするとか、人気の秘密は他にもあるんでしょうけど。

スポンサーリンク

対策むなしく、娘がアンパンマン教の信者に

そこで、かつかつの生活を送っている我が家では、娘が「アンパンマングッズを買ってくれ」なんて言ってこないようになるべくアンパンを遠ざけてきました。他の子どもたちに比べると、アンパンマンを目にする機会もかなり少なかったと思います。生まれて間もない頃に僕の両親がプレゼントしてくれた人形も、おもちゃ箱の奥にしまい込み、たまにひょっこりと表に顔を出して娘が手に取ることがあれば、「わあ、アンパンお化けだ、恐いねぇ」とdisったりしました(大人げない)。

しかし1歳5カ月くらいからでしょうか、ついにうちの娘もアンパンマン教に入信してしまいました。対策したにも関わらず、です。保育園でアンパンマンの音楽をかけて踊ったりしているので、その影響もあるのかもしれません。また、親がグッズを買わなくても、親戚や友人からプレゼントされることが多く、我が家にもお下がりのおもちゃや人形、ペットボトルに付けるドキンちゃんのストロー(アンパンマンミュージアムに行った友人のお土産)等、グッズが段々と増えてきているせいもあるのでしょう。最近では、「パンマン、パンマン」と録画してある番組の再生をしつこくリクエストしてきて(録画してんじゃん)、無視していると顔面を殴ってきたりします。まさか、アンパンチの影響ではないと思いますが(笑)

スポンサーリンク

とはいえ、親もアンパンマンに頼ってしまう

これは子育て中の方なら共感してもらえると思うのですが、子どもが一度アンパンマンを好きになると、食いつき方が半端ないですよね。我が子はオープニングの歌が流れると狂喜乱舞し、マンション中に響き渡るのではないかと心配になるほどの声量で歓喜の雄叫びを上げます。

親としても正直かなり助かるんですよね。料理を作っている最中とか、ちょっと子どもから離れて作業したいときなどにメチャクチャ「使える」んです。内心あんまり見て欲しくないんだけどなぁ、と思いながらもついつい頼ってしまう。それに、子どもが大喜びしている姿を見ると、禁止するのも忍びない。気がつくと、見せたくないとか言っておきながら録画しちゃってる。親子ともども世間全体のアンパンマンスパイラルに完全に巻き込まれてしまっているわけです。

でもやっぱりアンパンマンって子どもの教育に悪いのでは

アンパンマンって本当に正義の味方?

ついつい頼ってしまうアンパンマンですが、金の匂い云々だけじゃなくて、どうにも世界観とかストーリーに引っかかるところがあります。マントなんかつけちゃって、正義の味方づらしちゃってさ。アンパンマンというヒーローがいて、分かりやすい悪役としてのバイキンマンがいる。この勧善懲悪で善悪二項対立的な図式って、完全に時代錯誤な感じがするんですが。

今の時代、正義と名の付くものこそ疑わしいというのは、世の常識と化しているのではないでしょうか。僕は「正義」と聞くと、911以降、悪の枢軸呼ばわりしたイラクに対し、正義の名の下に戦争をおっぱじめたブッシュと嬉々としてそれに追随した(アメリカを支持した)小泉純一郎の顔を思い浮かべます。結局、アメリカが戦争の根拠として主張した大量破壊兵器は存在しなかったし、その後の中東情勢のカオスっぷりを目の当りにすると、到底アメリカを正義とは呼べません(何の話だ)。

スポンサーリンク

かわいそうなバイキンマンとドキンちゃん

なんだかんだグダグダと文句を言いながらも、休日子どもと二人っきりのときなどにアンパンマンを見ることがあるんですが、その度に思うのは、

バイキンマンとドキンちゃんの扱い、ひど過ぎない?

ってことです。

確かにバイキンマンはいつも悪さばかりしているし、簡単に人を殺せそうな巨大な乗り物(バイキンUFO)に乗って人々を襲う危険な輩であることは間違いありません。しかし、アニメを見る度に彼の心の闇の深さに思いを馳せてしまいます。この子、なんでこんなになっちゃったの?って。

変装しないと仲間になれないバイキンマン

バイキンマンがなぜあんな奴になってしまったのか、その答えを自分なりに発見した放送回がありました。ざっくりまとめるとこんな感じです。

  • 暑いのでソフトクリームが食べたいバイキンマンとドキンちゃん↓
  • ソフトクリームマンに「君たちみたいな下品な奴らには食べさせられない」と言われる↓
  • 謂れなき差別に激怒するバイキンマン↓
  • 食パンマンにボコられる↓
  • バイキンマン、アンパンマンに変装する↓
  • ようやくソフトクリームを手に入れる。おしまい。

バイキンマンとドキンちゃんが変装して食べ物を手に入れるっていうパターン、かなり多いですよね。つまりこれって、ありのままの自分では食べさせてもらえない、仲間に入れてもらえないということです。過去に犯した数多の悪行のせいと言えばそれまでですが、ちょっと問題があると言わざるをえません。これは、「前科のある人間が素性を隠さないと普通に暮らすことができない」という社会の現実の写し鏡であり、その意味では非常にリアルだとは思いますが、更生の可能性を排除しているという点で子ども向けアニメとして不適当な気がします。

社会学にラベリング理論というものがあります。この理論の中に、「ある種の逸脱行為を犯した人間に周囲がレッテル(ラベル)を貼ることで、彼彼女の問題行動が悪化する」というものがあります。

この理論では、ラベリングされた逸脱者は、そのラベルの行動を強化していくと考えています。先の非行少年も、その少年の素行のある一面に問題があっただけで、他にどんなにすばらしい面をもっていたとしても、ラベリングされ、周囲にそのように扱われることで、問題の行動がより悪化してしまうと考えられるのです。

参照サイト:gooヘルスケア

バイキンマンはある段階で周囲から「悪い奴」というレッテルを貼られ(ラベリング)、その後ますます行動をエスカレートさせるようになり、いつの間にか、常に人に意地悪するような人間(ばい菌?)になってしまったのではないでしょうか。彼も生まれた時から悪人だったとは思えません。何かきっかけや理由があるはずです。

バイキンマンが社会の秩序、安全を脅かす脅威であることは間違いありませんが、どんなにボコボコにしたところで問題が解決しないのもまた事実です。彼は「はひふへほー」と叫びながら再び現れ、同じことを繰り返します。平和を実現するには異なるアプローチが必要でしょう。

アンパンマンには、是非「許さないぞ、バイキンマン」とか言って殴りつけるだけでなく、彼の心の闇、悪さをしてしまう背景についても想像を膨らませ、その解決策を考える不断の努力をお願いしたいです。「お腹を空かせた人たちに自分の顔面を食わせる」という、到底真似できない究極の自己犠牲の精神を備えた彼にはそれができるはずです(大仰なまとめ)。

最後に|バイキンマンの視点から見てみると面白いかも

色々とアンパンマンについて批判的な言葉を連ねてしまいましたが、日々子育てに、家事に、仕事に、東奔西走、多事多端、疲労困憊な方々にとって、アンパンマンがヒーローであるというのもまた事実だと思います。グズって手の施しようがないとき、「アンパンマン」という言葉を発するだけで一転して眼を輝かせる我が子の姿を見るにつけ、その偉大さを僕も痛感させられることが一度や二度ではありません。彼のことを究極のベビーシッターと呼ぶこともできるでしょう。

また、僕のようにアンパンマンの世界観がしっくりこない人は、バイキンマンを主人公としてみると面白く見られるかもしれません。バイキンマンの過去に思いを馳せ、彼の悲哀、悲しみと怨念の深さ、何度ボコボコにされても立ち上がる精神力に着目して見てみる。そうすれば、アンパンマンというアニメがより深いものに見えてくるのではないでしょうか。子どもが大きくなったら「バイキンマンって何で悪いことばかりするんだろうね」とか、「アンパンマンがパンチして解決するのって正しいと思う?」などと会話できたらまた楽しいでしょうね。

以上、アンパンマンについて考えてみました。最後までお読み頂きありがとうございました。では、バイバイキ〜ン。

 - 1歳の育児, アニメ, 子育て

  関連記事はこちら

crying baby
子どもの車内放置は他人事ではない。事故を防ぐための具体的な対策は?

毎年夏になると車内放置された子どもが死亡するというニュースをよく目にします。先日 …

totoro_rain
雨の日の保育園の送迎を自転車で。レインカバー&レインコートのオススメは?

保育園の送迎を担当しております、かつかつ主夫です。我が家は保育園まで徒歩20分弱 …

your-name-character
『君の名は。』アカデミー賞の可能性は?前哨戦&ライバルから予想してみる。

新海誠監督の映画『君の名は。』が第89回アカデミー賞長編アニメ映画部門の審査対象 …

playingchild
1歳児の保育参観に(夫婦で)行ってきた!内容や感想、服装について

先日、一歳半の娘が通っている保育園の保育参観に夫婦で行ってきました。そこで、今回 …

MARI85_awaihikaritopinksakura20120505500
保育園の入園式に行ってきた。父親の参加率や服装について。

認可保育園の入園式に行ってきました。娘は一歳児クラス。一次選考には落ちたんですが …

kumitaisou-img
保育園でも組体操?運動会は親の感動より子どもの安全を優先すべき。

かつかつ主夫@katsu2_shufuです。 先日、2歳の娘が通う保育園の運動会 …

kaigyoutodoke
【保活】認可保育園に入れるコツは?自営業でも1歳娘が入園できた話。

子どもを保育園に入れるのって大変ですよね。特に認可保育園に入れるのは至難の業で、 …

baby02
授乳は痛いし辛い!父親にできることって何だろう。

どうも。暴れん坊の娘に手を焼いている主夫ブロガーのかつかつ主夫と申します。 娘は …

©2014-2015杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会
映画『百日紅』感想|杉浦日向子の原作を原恵一はどう描いたか

テアトル新宿で『百日紅 Miss HOKUSAI』を観ました。葛飾北斎の娘で浮世 …

no image
卒乳について|母乳をいつまであげるかは母親が決めることだと僕は思う。

どうも、かつかつ主夫です。今娘が1歳5カ月で、大の母乳好きです。妻が仕事から帰宅 …