かつかつ主夫ブログ

主夫ブログ。子育て・保育園・小説・映画・美術館巡り

『この世界の片隅に』サントラが発売!コトリンゴによる33曲を収録!

      2016/11/11

konosekai-soundtrack

かつかつ主夫@katsu2_shufuです。

映画『この世界の片隅に』のサントラが2016年11月9日に発売されました。予告編でも流れるオープニングテーマの「悲しくてやりきれない」や主題歌の「みぎてのうた」、エンディングテーマの「たんぽぽ」他、コトリンゴによる全33曲が収録されています。

サントラに収録されている楽曲の一覧やそれらを手掛けたコトリンゴのプロフィール、楽曲制作の背景などについてまとめました。

▼映画『この世界の片隅に』の内容や感想についてはコチラ

『この世界の片隅に』サントラの内容紹介

収録曲一覧|映画の場面を思い起こさせる曲目リスト

『この世界の片隅に』オリジナルサウンドトラックの収録曲は下記の通りです。

  1. 神の御子は今宵しも
  2. 悲しくてやりきれない
  3. 引き潮の海を歩く子供たち
  4. すいかの思い出
  5. 周作さん
  6. うちらどこかで
  7. 朝のお仕事
  8. 隣組(作詞:岡本一平 作曲:飯田信夫 編曲:コトリンゴ)
  9. すずさんと晴美さん
  10. 広島の街
  11. 戦艦大和
  12. ごはんの支度
  13. 径子
  14. 疑い
  15. ありこさん
  16. ヤミ市
  17. りんさん
  18. デート
  19. 大丈夫かのう
  20. お見送り
  21. あの道
  22. 良かった
  23. 左手で描く世界
  24. 白いサギを追って
  25. 広島から来たんかね
  26. 飛び去る正義
  27. 明日も明後日も
  28. すずさんの右手
  29. 最後の務め
  30. みぎてのうた(作詞:こうの史代・片渕須直 作・編曲:コトリンゴ)
  31. たんぽぽ(作詞・作曲・編曲:コトリンゴ)
  32. すずさん
  33. New day

(楽曲リストは『この世界の片隅に』公式HPより)

映画を見た人は各楽曲のタイトルを見るだけで映画のシーンが思い浮かぶのではないでしょうか。私は曲目を見ただけで泣けてきます(笑)

ほぼオープニングからエンディングまでのストーリーの流れに沿って曲が収録されているので、あの場面で流れていたあの曲はなんだっけ、といったときにも探しやすいと思います。

▼Amazonのサイト上でサンプルを聴くことができます。

サントラ収録の全33曲を手掛けるのはコトリンゴ

konosekai-kotoringo出典:コトリンゴ オフィシャルページ

映画『この世界の片隅に』の音楽を担当しているのはシンガーソングライターのコトリンゴ。サントラに収録されている全33曲すべてを作曲または編曲という形で手がけています。

― コトリンゴ プロフィール -
2003年に名門バークリー音楽大学で学位を取得し(ジャズ作編曲科/ピアノ演奏科専攻)、その後、ニューヨークで曲作りを開始。

2006年に坂本龍一のラジオにデモテープを送ったことで注目され、同年11月に「こんにちは またあした」でデビュー。2013年からはキリンジ(KIRINJI)にキーボード&ボーカル担当として参加しています。

コトリンゴはこれまでに『BECK』や『新しい靴を買わなくちゃ』など、映画音楽も多く手掛けており、片渕須直監督作『マイマイ新子と千年の魔法』(2009年)には、主題歌「こどものせかい」(書き下ろし)を提供しています。

2010年には、フリッパーズ・ギターの「恋とマシンガン」、スピッツの「渚」、YMO「以心電信」、松任谷由実「ノーサイド」などのカバーが収録されたカバーアルバム『picnic album 1』をリリース。このアルバムの収録曲の一つが『この世界の片隅に』のオープニングテーマとして使用されているザ・フォーク・クルセダーズの「悲しくてやりきれない」です。

片渕須直監督は『picnic album 1』に収録された「悲しくてやりきれない」を聴き、『この世界の片隅に』の主人公すずの心情に曲が合っているとのことでコトリンゴに楽曲提供を依頼。その後、コトリンゴが本作の音楽を担当することになりました。

映画のシーンを想像しながらの曲作りとなったそうですが、中盤以降、空襲が激しさを増し戦争の色が濃くなるにつれて楽曲制作も大変になっていったとのこと。

コトリンゴはインタビューで次のように語っています。

前半の曲は作りやすかったんですけど、後半はすごく大変だったところがあって。具体的に言うなら、サントラの21曲目の“あの道”ぐらいから、音楽の毛色もちょっと変わってくるんです。それまでは外向きで楽しいすずさんの気持ちがあったんですけど、だんだん内に内に入っていく感じの音楽になってきて。そこは、いろいろ思考錯誤しながらやっていました。
出典:のん主演『この世界の片隅に』の立役者 コトリンゴインタビュー

各場面の空気感や主人公すずの心情に寄り添いながらの曲作りとなったようです。

サントラのジャケットは監督補・浦谷千恵

サントラのジャケットは、監督補・浦谷千恵による描きおろしです。

浦谷千恵は、片渕須直監督の妻でもあり、『アリーテ姫』や『マイマイ新子と千年の魔法』など、片渕作品のほとんどに参加しています。その他にも劇場版アニメ『鉄コン筋クリート』や細田守監督の『サマーウォーズ』にも参加しています。

▼浦谷が描いた『マイマイ新子と千年の魔法』のイメージボード
maimai-uratani出典:WEBアニメスタイル

さいごに|傑作を語る上で欠かせない音楽

こうの文代の原作、細部にまでこだわったアニメーション表現、「のん」をはじめとしたキャストの声と並んで、劇中で使われている音楽は『この世界の片隅に』という大傑作を語る上で欠かせないものとなっています。

映画を観た人もこれから観る人もコトリンゴが手掛けた映画を彩る楽曲たちをじっくり味わってみてはいかがでしょうか。

▼こちらもどうぞ。映画の感想や制作背景について書いています。

 - アニメ, 映画

  関連記事はこちら

boyhood01
『6才のボクが、大人になるまで。』感想|主役は12年間という時間

(C)2014 boyhood inc./ifc productions i, …

maimai-main-img
『マイマイ新子と千年の魔法』感想|喪失を乗り越える子どもの想像力

片渕須直監督の『マイマイ新子と千年の魔法』を観ました。公開当初は観客動員が振るわ …

PunchDrunkLove
『パンチドランク・ラブ』あらすじと感想〜恋とはパンチドランクのようなもの〜

画像元:Internet Movie Database WOWOWでポール・トー …

ghibli-museum-photo
三鷹の森ジブリ美術館のチケット入手方法とアクセスまとめ。

今や東京でも指折りの観光スポットと化した感のある三鷹の森ジブリ美術館。子どもの頃 …

angriestman
ロビン・ウィリアムズ最後の主演作『余命90分の男』あらすじと感想

WOWOWシネマで『余命90分の男』を観ました。2014年8月11日に急逝したロ …

MitakaCinema
高畑勲監督トークショーに行ってきた!|次回作は平家物語?

【第5回三鷹コミュニティシネマ映画祭】の「高畑勲監督特集」に行ってきました。午前 …

red-turtle-image01
レッドタートルの感想と海外の評判・評価|珠玉の映像詩誕生の背景

スタジオジブリの最新作、『レッドタートル ある島の物語(原題:The Red T …

beastandboy01
『バケモノの子』あらすじと感想~ファンタジーと現実の往復

立川シネマシティで細田守監督の『バケモノの子』を観ました。細田監督の作品を観るの …

your-name-main
新海誠『君の名は。』のヒットの理由は?興行収入はどこまで伸びる?

かつかつ主夫@katsu2_shufuです。 現在公開中の新海誠監督の最新作『君 …

kemushi-no-boro-sketch-1995
宮崎駿の最新作「毛虫のボロ」の内容と制作背景。どこで観られる?

▲毛虫のボロ制作中の宮崎駿(出典:NHK) かつかつ主夫@katsu2_shuf …