屋内・冒険の島 ドコドコに行ってきた。感想や混雑について

ドコドコ 外観

5歳を連れて立川髙島屋S.C.8階にある屋内・冒険の島 ドコドコに行ってきました。

アナログな遊びとデジタル技術の融合した屋内施設で、バンダイナムコアミューズメントが運営しています。

以下、感想や混雑状況、料金等についてまとめました。

屋内・冒険の島 ドコドコの混雑は?

休日の13時頃に行ったのですが、ほとんど人は並んでおらずスムーズに入場できました。

午前中に覗いたときには列ができていたので、お昼過ぎくらいの時間帯が狙い目かもしれません。

場内もさほど混雑しておらず、ストレスなく遊べました。

※人気の「はらぺこキッチン」は前の子が終わるまでの待ち時間が多少あるかも。

休日でこの程度の混雑なので、平日はもっと空いているのではないかと思います。

遊具紹介|2時間たっぷり遊んだよ

高島屋9階でランチをした後、13時頃からドコドコで遊びました。付き添いの大人は650円(延長料金なし)かかるので、その分長く遊べるようにと妻は本屋で待機。

5歳と2人で遊ぶことに。

受付で説明を受けた後、ローッカーへ。

▼無料のロッカー。ここで荷物を預けられます。

ドコドコ ロッカー

ちなみにベビーカーは施設の外に専用スペースがあります(鍵付き)。

場内は靴を脱いで裸足で入場することになるので、タイツなどはやめておいた方が良さそうです(保護者は靴下着用OK)。

受付でもらったシールに名前を書き(マジックが用意されています)、子どもの服に貼り付けていざ入場。

フロアは7つのエリアに分かれていました。

  1. 大きなきのこのき
  2. どろんこジャングル
  3. ドドドの滝
  4. ふわふわ雲の上
  5. はらぺこキッチン
  6. ケロケロ池
  7. ちいさな砂浜

▼フロアマップ(パンフレットより)

ドコドコ フロアマップ

以下、各エリアにある遊具について紹介していきます。

ちいさな砂浜

エントランスから入場してすぐのところにあるのが「ちいさな砂浜」というエリア。波の映像が映し出されています。

ドコドコ 砂浜

本物の砂ではなくビーズ状の粒なので汚れる心配もなし。さらさらした手触りが気持いい。

ドコドコ 砂 近影

ケロケロ池

「ケロケロ池」では水の中(もちろんデジタル)に潜むカエルを拡大鏡(紙皿みたいなもの)を使って探し出します。

▼うちの5歳は蝶々に夢中。

ドコドコ 水辺

ドドドの滝

「ドドドの滝」は形状としてはよくある滑り台なのですが、流れ落ちる滝の映像が映し出されていてなかなか良い雰囲気。最初は少し怖がっていた5歳も次第に慣れてきて、(爆笑しながら)登っては滑り、登っては滑りを15、6回繰り返していました。

ドドドの滝

滑り落ちる場所にはゴムボールが敷き詰められているので安全です。ただ、けっこう勢いよく滑るので他の子が下にいなくなってからじゃないと少し危険かも。スタッフの方が合図を出してくれます。

ドドドの滝

どろんこジャングル

「どろんこジャングル」というエリアでは、大きな画面に象やカバが映し出され、ボールをぶつけて泥だらけにする遊びができます(ちょっと可哀想)。

子ども達は夢中でボールをぶつけまくっていましたが、もう少し違った演出でよかった気も。

ふわふわ雲の上

「ふわふわ雲の上」は雲に見立てたトランポリンの上をジャンプすると影が画面に映し出されるという仕組み。

うちの子は途中で雷が鳴ると(けっこう大きな音)怖がって一旦退避。鳴り止むとまた飛び跳ねるといったことをしばらく繰り返していました。

コロコロさかみち

「ふわふわ雲の上」の近くにある木で作られた仕掛けもなかなか面白かったです。名称は「コロコロさかみち」。

ボールを転がすと音色を奏でます。

ドコドコ コロコロさかみち

きのこのツリーデッキ

「きのこのツリーデッキ」は公園などにあるようなアナログな遊具。子どもにとってはけっこう良い運動になりますね。

うちの子は大きな穴から飛び降りてクッションの岩に着地するのが楽しかったようでしつこいぐらいに繰り返していました。こういうのは屋内施設ならではですね。

はらぺこキッチン

うちの5歳が一番ハマったのが「はらぺこキッチン」というデジタルで仮想の料理が作れる遊び。

全部で3つあるのですが、けっこう人気で若干の待ち時間がありました。

▼まずは作りたい料理を選択。

はらぺこキッチン 料理選択

▼カレーライスをチョイス。点線に沿って包丁で肉を切ります。

ドコドコ はらぺこキッチン

▼玉ねぎもカット。

ドコドコ はらぺこキッチン

▼鍋に肉、人参、じゃがいも、玉ねぎなどの具材を入れて混ぜ混ぜ。

ドコドコ はらぺこキッチン

▼出来上がったカレーライスをお皿に盛ります。失敗するとテーブルにびしゃっとこぼれるなど、こちらの動作にしっかり反応します。

ドコドコ はらぺこキッチン

個人的にはこの「はらぺこキッチン」が一番技術的に見応えがありました。平坦なテーブルの上で本当に料理をしている感覚を(少し)味わえます。

アナログのキッチンセットもいくつか用意されています。

ドコドコ キッチンセット

スポンサーリンク

テラスエリアで一休み

テーブルと椅子が用意されている「テラスエリア」で一休み。

ジュースとアイスの自販機がありました。

料金・営業時間・アクセス

料金(税別)

屋内・冒険の島 ドコドコの料金は下記の通りです。

※税別表示となります。

1人分の料金 最初の60分 以降の30分ごと 平日1日フリー
子ども
2歳〜12歳
1,300円 650円 1,800円
幼児
6ヵ月〜23ヵ月
850円 420円 1,800円
おとな
20歳以上
650円 延長料金なし 650円

営業時間

10:00〜19:00(最終入場18:00)※不定休

※料金、営業時間は変更される可能性があります。必ず下記公式HPで確認してください。

>>屋内・冒険の島ドコドコ

アクセス

【住所】

〒190-8507 東京都立川市曙町2-39-3

立川高島屋S.C. 8階

【行き方】

JR 立川駅北口から徒歩3分。

北口から高島屋の2Fまでペデストリアンデッキで繋がっています。

まとめ

今回、「屋内・冒険の島 ドコドコ」に行ったのは1月中旬。普段は子連れで公園に行くことが多いのですが、この時期は外が極寒なので屋内で遊べる施設は助かります。

子どもが体を動かせる遊具があるし、デジタル技術のおかげで大人としても飽きずに付き添うことができました。

料金はちょっと高いかな。もう少し安ければ気軽に行けるんですけどね。

以上、「屋内・冒険の島 ドコドコ」について紹介しました。

スポンサーリンク