パナソニック【DS-FS1200】をレビュー。シンプルで使い勝手◎

ds-fs1200

パナソニックのセラミックヒーター【DS-FS1200】を購入しました。

必要最低限の機能で足元をピンポイントで暖めてくれる良品です。小型かつ軽量なので持ち運びも楽。

この手の商品の中では価格も安い方だと思います。

以下、我が家でヒーターを購入する際に重視したポイント、実際に【DS-FS1200】を使ってみた感想、消費電力等のスペックについて情報をまとめました。

購入基準|なぜDS-FS1200を選んだのか

我が家はマンションの角部屋なのですが、冬場は窓から冷気が侵入してきてかなり寒くなります。

エアコンを付ければそれなりに部屋は温まりますが、脱衣所などエアコンのないスペースや仕事部屋のデスク下の寒さがなかなか辛く、妻と協議した結果ヒーターを買うことになりました。

ヒーターを買う際に私たちが重視したポイントは以下の5点です。

  • 足元が暖まる
  • 持ち運びのしやすさ(小型サイズ・省スペース)
  • 必要最低限の機能
  • レビューの多さ&メーカーの信頼度
  • 安全性

これら5点を頭に入れつつネットで血眼になって探した結果たどり着いた答えがパナソニックの【DS-FS1200】でした(大げさ)。

実際に1ヶ月間使用してみたのですが、かなり満足しています。

DS-FS1200のレビュー・感想

以下、上で挙げた購入基準5点に基づいたレビューです。

足元をピンポイントで暖めてくれる

今回、ヒーターを購入するに至った主な理由はデスクでパソコン作業をするときに足元をピンポイントで暖めたかったからです。

▼こんな感じで置いてます。

パナソニック ヒーター デスク脇

部屋全体を暖める必要はないので暖房能力にはこだわりませんでした。

【DS-FS1200】はエアコンの代わりにはなりませんが、局所的に足元を暖めるには十分な性能を持っていると思います。

デスクの下に温風を流し込むと暖かな空気が滞留するのかとても暖かいです。

省スペースで持ち運びが楽

【DS-FS1200】はサイズが小さく省スペースなので未使用時にも邪魔になりません。

本体の寸法(高さ×幅×奥行)は下記の通りです。

31.5×28.0×13.5(cm)

▼ティッシュ箱5パックセットと並べてみた。

パナソニック ヒーター サイズ比較

重さは2.6kgで片手で楽に持ち運びできます。背面上部の窪みが取手になっていて掴みやすいです。

ds-fs1200 背面

我が家は脱衣所がめちゃくちゃ寒いのですが、お風呂に入る時にだけさっと持っていけるので助かっています。

必要最低限の機能

とにかく人のいる場所を局所的に暖かくしたいという明確な目的があったので、加湿などの機能は必要ありませんでした。

【DS-FS1200】はただ温風が出るだけ。設定は弱・強の二つと切タイマーのみでめちゃくちゃシンプル。使い勝手が良いです。

ds-fs1200 シンプルな操作

ちなみに加湿器は象印の【EE-RM50】を使っています。他の加湿器に比べて手入れが楽です。

レビューが多い&メーカーを信頼できる

レビュー 口コミ イメージ

これはヒーターに限らないことですが、私たちは家電を購入する際にはネットでの事前調査を必ずします。

注目するポイントは(信頼できそうな)レビューの多さとメーカーへの信頼度です。

評価や口コミがほとんど付いていない商品は製品自体が良さそうなものでも買うのをためらいます。

※【DS-FS1200】はAmazonで40件弱のレビューが付いています(2019年1月現在)。

多分に主観的な話となってしまいますが、メーカーへの信頼度も重要だと思っています。

我が家ではこれまでにパナソニック製の食洗機洗濯乾燥機などを使用していて、どちらも満足しています。

今回ヒーターを選ぶ際にも「まあ、パナソニックなら安心でるだろう」という判断が働きました。もちろん他の要素を吟味した上での最終的な判断です。

安全性について

我が家には小さな子どもがいるので、どんな商品を買うにも安全面には気を使います。

他の製品との詳細な比較というのはできませんが、【DS-FS1200】については今のところ安全面で不安を感じたことはありません。

製品が傾いたり転倒した場合に通電を停止する二重安全転倒OFFスイッチという機能も備えています。

二重安全転倒OFFスイッチとは、地震などで本体が転倒・傾いた際に通電を停止する機構で、転倒OFFスイッチ(押し棒式など)と違い、一度転倒した場合には製品を起こさない限り通電することはありません。

参照:セラミックファンヒーター DS-FS1200|Panasonic

また、タイマー機能を使えば付けっ放しの防止にもなります。我が家では運転する際にかならず2時間ほど切タイマーを設定しています。

電気代、スペック詳細

パナソニック セラミックヒーター【DS-FS1200】のスペックは下記の通りです。

消費電力(50Hz) 1170W
消費電力(60Hz) 1120W
本体寸法(高さ×幅×奥行) 31.5×28.0×13.5cm
コードの長さ 180cm
電気料金(強) 約31.6円(1時間)
電気料金(弱) 約17.3円(1時間)

詳細:セラミックファンヒーター DS-FS1200|Panasonic

こんな人にオススメ

今回、我が家で購入した【DS-FS1200】は以下のような人にオススメです。

  • とにかく足元を暖めたい
  • 小型サイズ希望
  • 持ち運んで使用したい
  • 無駄な機能はいらない
  • 予算1万円以内に抑えたい

我が家ではこの製品を導入してから冬場の寒さからいくぶん解放されました。実は引越しの際に角部屋を選択したことを後悔するほど家の寒さに悩まされていたのです。。

気になる点を強いて挙げるとすれば、温風を出す時の音が意外と大きいところでしょうか。使用シーンによっては多少うるさく感じるかもしれませんね。私的には許容範囲です。

パナソニック セラミックヒーター ホワイト DS-FS1200-W

ds-fs1200 商品写真

以上、パナソニックのヒーター【DS-FS1200】のレビューでした。

参考になれば幸いです。

家電関連の記事

スポンサーリンク