かつかつ主夫ブログ

主夫ブログ。子育て・保育園・小説・映画・美術館巡り

パパ嫌いになっちゃった?2歳児の娘と父親の関係性。

      2016/11/11

terrible_twos

かつかつ主夫@katsu2_shufuです。

2歳の娘に突如、「パパ嫌い」の季節が訪れました。これまでけっこう子育て頑張ってきたつもりなんだけどなぁ。育児へのモチベーションだだ下がりのかつかつ主夫でございます。

▼イヤイヤ期の対処法についてもブログ記事を書いています。

前触れなしに訪れた娘からの決別宣言(おおげさ)

娘との関係、そこそこ良好だと思ってたんですよ。保育園にお迎えに行ったときなんかは、絶叫しながら物凄いスピードで「パパ―!」って感じで走ってきてたし。発する言葉も「パパ」の方が「ママ」より多くて、とりあえず何でも指差して「パパ、パパ」と言ってたんです。家にあるおもちゃから絵本に出てくる動物、街ですれ違う通行人まで全部パパ。八百万の神状態。

まあ、言葉に関しては「パパ」が発音しやすいってことと、それが何を意味しているのか明確に理解していなかったからだと思いますけど。

それが最近、たぶん1歳11ヵ月過ぎた頃からだと思うんですが、パパを遠ざけるようになってきたんです!悲しい!

スポンサーリンク

2歳娘のパパ嫌い。具体例をご紹介

二人きりでいるときは大丈夫なんですよ。保育園の送りのときとかは抱っこをせがんできて、僕から全然離れようとしなかったり。そんなときは、「甘えん坊だなぁ」なんて困った顔しながら内心めっちゃ嬉しいんですが、問題は妻と三人のとき。僕を仲間外れにするんです!

例えば、リビングのソファーに三人で座って『トトロ』や『魔女の宅急便』など、娘お気に入りのアニメを見ていると、いきなり僕の服を引っ張ってきてソファーから突き落そうとしてくるんです。抵抗しようものなら、眉間に皺を寄せた子どもらしからぬ険しい表情で、「ダメでしょー!」

なにが?

一体全体何がダメなのか全く意味不明なんですが、メチャクチャしつこいんですよこれが。何が何でも僕をソファーから突き落とし、妻と二人きりになりたがるんです。この理不尽極まりない仕打ちに精一杯抗おうと無理矢理ソファーにおしりを捻じ込むと、ギャン泣き

僕は悟りました。ああ、これがパパイヤ(嫌)ってやつかと。

▼パパ嫌以外にも悩みはつきません。自転車に乗ってくれないときの対処法についてはこちら。

問題は育児に対するモチベーションの低下

噂には聞いていたんです。妻のママ友の話によると、娘が1歳10カ月頃から猛烈なパパ嫌いになってしまったそうで、パパさんが猛烈に凹んでいるらしいと。それまではそのパパさん、そこそこ積極的に育児にコミットしてくれていたそうなんですが、パパ嫌いの時期が来てからはやる気を無くしてしまってもうさっぱり何もしなくなったと。

この気持ち、めちゃくちゃ分かります。僕は2年半前くらいから、妻の妊娠をきっかけにサラリーマンをやめて主夫をやっているんですが(そのときのことは、以前ブログの記事に書いています。⇒なぜ僕は主夫になったのか:男の育休が「あり得ない」世の中)、外で仕事をしている父親に比べると子どもと接する時間も長いと思うし、それなりのモチベーションを持って子どもと関わってきたつもりです。

にもかかわらず娘は全力で僕を押しやってのけものにし、妻と二人きりの空間を確保しようとするんです。先日は、リビングから押し出され、「じゃあね、バイバイ!」という捨て台詞とともにドアを閉められ、廊下に立ち尽くすという悲し過ぎる状況に。ドアにはめ込まれたガラス越しに暖房の効いた暖かいリビングを眺めながら、僕は『マッチ売りの少女』の孤独に思いを馳せました。

スポンサーリンク

これっていわゆる母子カプセル?幼児の成長の証?

僕は勉強不足で心理学には疎いんですが、幼児期の子どもが特定の大人にべったり状態になるというのは、安定的に成長していく過程において必要なことのようです。まずは、自分が見定めた保護者(多くの場合、母親)と緊密な関係性を築いてから、その後一歩ずつ世界を広げていく、といったイメージでしょうか。

母子カプセルという言葉もありますね。心理学用語だと思うんですが、母子が過剰に密着した関係を築くことを意味する言葉で、あまり良い意味では使われていないようです。ただ、幼児期における成長を考えると必要なことであるとも言われています。

参考サイト⇒一卵性母子がはまりやすい「母子カプセル」の外し方

発達心理学的に見れば、パパ嫌いというのは、子が順調に成長している証なのかもしれません。そう考えると気持ちが楽にはなりますね。

▼一歳半の時期の娘はこんな感じでした。

やっぱり父親は母親には勝てない、という言い訳

母親が妊娠、出産を主に担うというのは仕方ないとして(もちろん、夫がサポートできることはたくさんあります)、産後の世話等の負担も母親に偏っている現状を考えると、幼児期に母子が排他的で緊密な状態になるのは必然のようにも思えます。ただ、これを「やっぱり育児はママじゃなきゃダメなんだな」とか「父親はどう頑張っても母親には勝てない」などと本質主義的に解釈するのは間違っているとも思います。これは母親礼賛、母性礼賛の仮面をかぶったエクスキューズ(言い訳)に過ぎないでしょう。こうやっていつの世も男は女に育児の負担を押し付けてきたんではなかろうか。

いや、そうは言っても、僕だってこういった気持ちに傾きかけたりすることはしょっちゅうありますし、今も揺れ動いています。でも、冷静に振り返ってみれば、妻の方が娘と密接に関わっている時間が長いんですよ。うちは完全母乳育児継続中ですし、妻が夜勤のとき以外は、寝かしつけも授乳しながらです。休日にママ友と遊びに二人でお出かけするのも基本的に妻です。保育園から帰宅後は、僕は夕飯の準備をしているので、その間妻に娘と遊んでもらっています。

会社勤めをしている父親に比べたら子と接する時間が長いとはいえ、妻と比べたら短いんです。うちの子が今、父親か母親のどちらかを選べと迫られて(どんな状況だ)妻を選んだとしても納得できる材料が揃っているんです。

なので、この時期の子どもはみんな「ママじゃなきゃイヤ」になるんだから仕方がない、などと言って子と距離を取るなんてことはせずに、ああ、今は妻とべったりしたい時期なんだなと我が子の気持ちを汲んであげた上で、それでも諦めることなく粛々と育児にコミットし続けることが大事なのではないかと思います。

スポンサーリンク

PS:最近また仲良しになってきた

なんだか凹んでいる自分を慰めるような内容になってしまっていますが、とにかく子に拒否られてもめげることなく彼女の世話を続けていきたいと思っています。

で、ここ数日、娘のパパ嫌いが幾分解消されたのでは?と思われる兆候が観測されておりますのでご報告を。

きっかけは妻が夜勤の日。妻がいないので、当然娘の世話は僕一人で担うことになります。保育園にお迎えに行き、夕飯を食べさせ、お風呂に入れ、絵本を読み、一緒に寝ました。嬉しいことに、娘、終始ご機嫌だったんです。最近パパイヤが続いていたので内心ビビっていたんですが、蓋を開けてみれば抱っこをせがんできたり甘えてくるし、「パパー」なんて言いながら抱き付いてくるし、一番心配していた寝かしつけもこの日はとてもスムーズで、朝までぐっすり眠ってくれました。

この日以降、あからさまに僕を嫌がることはなくなりました。僕も意識的に娘と接する時間を長くしようと試みたり、(優しい声音で)たくさん話しかけたり、色々工夫していたことが功を奏したのかもしれません。

いずれにせよ、育児から逃げずに子どもとしっかりと向き合い続ければ、一時的に拒否されることはあっても、その状態が永遠に続くことはないと思います。子どもは本当に気まぐれな生き物ですから、今度は「パパ大好き」になって逆に「ママ嫌い」になるかもしれませんし。

なので、子どものパパイヤ(ママイヤ)で悩んでいるみなさん、子に拒否られても諦めることなく何度も立ち上がり「子の気まぐれ」という名の魔物に立ち向かっていきましょう!この苦労がいつか報われると信じて・・・。

以上、訳の分からないまとめになりましたが、長くなったのでこの辺で。

ではでは。

▼家と保育園での態度の違いについても記事を書いています。

 - 2歳の育児, 子育て

  関連記事はこちら

dog_baby
イヤイヤ期(2歳児)の対応方法について保育士さんに聞いてみた

先日、妻と一緒に2歳の娘の保育参観に行ってきました。クラスで子どもたちと過ごした …

MARI85_awaihikaritopinksakura20120505500
保育園の入園式に行ってきた。父親の参加率や服装について。

認可保育園の入園式に行ってきました。娘は一歳児クラス。一次選考には落ちたんですが …

ear_wax
2歳の娘が耳垢栓塞に!耳鼻科で耳掃除したら巨大な耳垢がごっそり。

先日、保育園の耳鼻科検診で娘(2歳半)の耳垢がたまっているとの指摘を受け(恥ずか …

officeworker
【かつかつ主夫ブログ】主夫から見た男性の育児休暇について

どうも、かつかつ主夫です。イクメン、イクメンと世の中騒がしいですが、果たして世の …

totoro_rain
雨の日の保育園の送迎を自転車で。レインカバー&レインコートのオススメは?

保育園の送迎を担当しております、かつかつ主夫です。我が家は保育園まで徒歩20分弱 …

playingchild
1歳児の保育参観に(夫婦で)行ってきた!内容や感想、服装について

先日、一歳半の娘が通っている保育園の保育参観に夫婦で行ってきました。そこで、今回 …

baby_angry
イヤイヤ期が到来!接し方と対処法についての実例紹介。

photo credit: Holly at Christmas (a bit …

no image
蕁麻疹になったとき保育園はどうする?対処法は?まずは病院へ!

先日、2歳の娘が蕁麻疹(じんましん)になりました。顔が腫れあがり、別人のようにな …

bird
保育園の保護者懇談会に(妻が)行ってきた!内容は?父親の参加は?

保育園の保護者懇談会(またの名をクラス懇談会)なるものに妻が参加してきたので、そ …

no image
【パパでもできる寝かしつけ】5つのステップ|抱っこひもが超便利だよ

日々、子育ての大変さを思い知らされているかつかつ主夫です。 これまでの育児を振り …