那須ワールドモンキーパークの感想。子ザルにミルクをあげたよ。

3歳娘を連れて家族3人で那須ワールドモンキーパークに行ってきました。

サルをはじめとした動物との触れ合いが魅力の動物園だと思うのですが、娘はめちゃくちゃ怖がってしまってほとんど触れ合えず笑

まあ、まだ3歳ですし仕方ないですね。

平日だったことと小雨がぱらつく天候だったこともあってか園内は人もまばら。

次の予定もあったので2時間ほどの滞在となりましたが、それほど広くないので十分だったかなという印象です。

以下、那須ワールドモンキーパークについて写真とともに紹介します。

スポンサーリンク

サルとネコのショー@サル劇場

サル劇場

入場してすぐにサル劇場でサルのショーを見ました。

公演時間は30〜40分ほど。

▼サル劇場のスケジュール表

サル劇場 スケジュール

まずはサル、じゃなくてネコのショーが行われ、ネコ好きの娘もご満悦。

どうやら日によって違う動物が出演したりするようですね。

サルのショーに出演したのは、オトメちゃんとメイちゃん。

三輪車に乗ったり、玉乗りをしたり、鉄棒をしたりとなかなかの身体能力を見せてくれました。

▼鉄棒をするお猿さん。

鉄棒をするお猿さん

ふれあい広場にて

羊にビビッてウサギの餌やりを断念

ふれあい広場でウサギやモルモット、羊に餌やりをしようとしたのですが、3歳娘がビビりまくり。

怖がってしまって中に入ろうともしてくれませんでした笑

ウサギは怖くないよ、可愛いよ!と言ってみたけど効果なし。

那須ワールドモンキーパーク ウサギ

どうやら羊がいたのが怖かったみたい。向かってこられると大人でもちょっとびびるからね。

▼他のお客さんもスタッフの方も誰もおらずちょっと寂しい雰囲気。

那須ワールドモンキーパーク ヤギ他

ヘビとの触れ合いもできるのですが、娘はもちろん無理だし、夫婦ともにタダでも嫌なのでスルーしました。

ちなみに檻の中に入ってのサルとの触れ合いは6歳からとのこと。

ウーリーモンキーのつよし

『天才!志村どうぶつ園』に出演したウーリーモンキーのつよしは檻の中でした。

後からお土産ショップの方に聞いたところ、「今日は担当がいなかったのかもねぇ」とのこと。

▼赤ちゃんの頃、北乃きいさんと交流があったつよし。めちゃくちゃ狭い檻の中にいました。

ウーリーモンキーのつよし

公式サイトによると、今後つよしはふれあい広場ではなく、サル舎の展示になるようです。

年齢やこれからの繁殖計画などを考慮し、2017年9月9日をもちまして、ふれあいからは離れ、これからの生活への準備期間へと移らせていただくこととなりました。
多くの皆様に愛され可愛がられた「つよし」、今後は展示にて皆様にご覧いただければと思います。
詳細:那須ワールドモンキーパーク ウーリーモンキー

子ザルにミルクをあげる

あらゆる動物にビビりまくっていた娘ですが、赤ちゃんサルの可愛らしさにはさすがに恐怖もやわらいだようで、思い切ってミルクやりに挑戦しました。

▼妻と一緒にではありましたが、はじめて動物との「ふれあい」に成功?

那須ワールドモンキーパーク ミルクやり

娘の嬉しそうな顔を見れて夫婦共々胸をなでおろしました。ちなみに子サルへのミルクやりは無料でした。

スポンサーリンク

ゾウの森でゾウにビビる

那須ワールドモンキーパーク ゾウ

ゾウの森ではゾウライドができます。

ゾウに乗って広場を一周できるのですが、さすがに3歳児を乗せるのは怖かったのと料金がかかるのとそもそも私も妻もゾウに乗るとか怖すぎなので挑戦しませんでした。

ゾウライドの詳細は、那須ワールドモンキーパークのスタッフブログに掲載されています。

ちなみに、ゾウトレックという、山道を散歩できるコースもあるそうです。

餌やりもできるのですが、これは娘がゾウを怖がってしまい断念(号泣でした笑)。

目の前まで鼻を伸ばしてきて私もビックリしました。これだけ距離が近いというのはなかなかできない経験ではあります。

サルたちを見て回る

園内は色々な種類のサルが展示されています。

▼サル山もあります。朝だからか皆さんテンション低め。

那須ワールドモンキーパーク サル山

サルの展示に関しては、檻のある場所が薄暗くて見通しが悪く、通路も狭くてかなり見づらかったです。

せっかく貴重なサルがいるのにもったいないという印象。

アクセス

住所:〒325-0001 栃木県那須郡那須町高久甲6146

車で行く場合:東北自動車道那須IC下車約10分

キュービ号という那須の観光スポットを周回しているバスがあります。

▼キュービー号のバス停は入場口の前にあります。

那須ワールドモンキーパーク キュービー号 時刻表

1日フリーパスのチケットもあるようです。

キュービー号の詳細:那須町観光ガイド

ちなみに私たちは宿泊先のホテルエピナール那須からタクシーで行きました。だいたい1700円くらいだったと思います。

チケット・料金

入場料金:大人2100円(中学生以上)、子ども(3歳〜小学生)1200円

その他、前売りチケットや那須サファリパークとの相互割引などもあるようです。

詳細:那須ワールドモンキーパーク|営業案内

全体の感想

触れ合いが苦手だと楽しめない?

那須ワールドモンキーパークへは2泊3日の那須旅行の2日目に行きました。当初は那須どうぶつ王国に行く予定だったのですが、雨だったので急きょ3日目に変更し、こちらに行くことに。

園内はそれほど広くなく屋内施設中心なので雨でもさほど苦にはなりませんでした。ゾウライドなどは天候によってミニライドという屋根の下で行われるものに変更されるようですが。

全体としては、触れ合いが苦手だと楽しめないのかなという感想です。

我が家の場合は娘が動物を怖がってしまったのと、私も妻も動物と触れ合うよりは見てるだけでいいといったタイプなので(じゃあなんで来たんだ笑)モンキーパークのだいご味をあまり堪能できなかったなぁと振り返ってみて思います。

料金は割高感あり

触れ合いを満喫できなかったこともあるとは思いますが、料金は高いと感じました。

中学生以上は大人扱いで2100円、3歳以上は子ども料金で1200円というのは、規模が大きくイベントも豊富な那須どうぶつ王国と比べてもだいぶ割高な印象(※2017年9月時点の料金です)。

園内での餌やりや写真撮影などプラスアルファで料金を取られる場面も多い。

展示に関してもあまり「客に見せる」ことにこだわりがないのか、サル舎なども薄暗くとても見辛いです。施設も全体的に古さを感じます。

やはりサルとの触れ合いやゾウライドなど、ワールドモンキーパークの「売り」を十分堪能できなければ料金に見合った満足感は得られないと思います。

以上、那須ワールドモンキーパークの感想でした。

那須どうぶつ王国が親子共々かなり楽しめたので、そのギャップもあってか少し辛めの感想となってしまいました。

あくまでも個人の感想なのであしからず。

那須観光関連の記事

▼那須旅行のまとめ記事はこちら。

▼宿泊したのはホテルエピナール那須。子連れに全力でおすすめしたいホテルです。

▼那須どうぶつ王国についても記事を書いています。

▼那須テディベアミュージアムの感想。トトロもいたよ。

▼東京駅から那須塩原駅まで新幹線に乗りました。

スポンサーリンク