保育園のお迎え問題|働く母親は疲弊しまくり!父親も送迎を!

photo credit: Amsterdam beweegt via photopin (license)

保育園の送り迎えは大変

今さら言うまでもないことですが、保育園のお迎えって本当に大変ですよね。

仕事中もお迎えの時間が近づいてくると焦ってしまったり、なかなか集中できなかったりといった人も多いかもしれません。

保育園が駅や自宅から遠かったり、台風や雪の日なんてもう苦行です。

問題なのは、働く母親が過剰にその負担を背負わされてしまっていること。

私は保育園の送迎を担当していますが、やはり見かけるのはお母さん方が多いです。お迎えに来る父親は本当に少ない印象。

このアンバランスは解消しなければなりません。

スポンサーリンク

働く母親にかかる大きな負担

毎日新聞のネット配信記事にこんなものがありました。

<育児>子供をお迎えに行く父親は本当に出世できないのか

明治大商学部准教授で社会学者の藤田結子さんが、保育園の送迎の現状を伝える内容になっています。まず、保育園の送迎の大変さについて次のように書かれています。

子供の送り迎えはかなり複雑なマルチタスクです。疲れた体で通勤電車に揺られ、夕食の献立と食材の買い物を考えつつ、駅に着いたらヒールの靴で小走りに駐輪場へ。全速力で自転車を飛ばし、ぎりぎり園に滑り込みます。休む間もなく買い物と夕食作りですが、いくら効率よく成し遂げても評価されることはまずありません。

壮絶ですね。我が家は私が在宅フリーランスで妻は職場まで徒歩圏内、保育園は自宅から自転車で10分弱という、送迎の面ではそこそこ恵まれた環境にありますが、それでも楽ではありません。

自宅から会社や保育園が遠かったり、さらに子どもがそれぞれ別の保育園に通っていたりする人などは体力的にも精神的にもとてつもなく消耗するであろうことは想像に難くありません。

で、問題なのは、多くの場合、この難易度の高いタスクを夫婦でシェアするのではなく働く母親に一方的に担わせてしまっているという現状です。

再び先ほどの記事から引用します。

実際、厚生労働省の調査(2012年)によれば、保育園の送り迎えをしている約171万世帯のうち、「送り迎えとも母親」は115万世帯(約7割)に達しています。「父親が送り、お迎えは母親」が16万世帯、「送り迎えのいずれかが母親」が13万世帯。共働きであっても送迎は圧倒的に母親の役目、父親がお迎えを担当する世帯は1割以下です。

この記事を読んだ多くの人と同じように私は、父親、もっとやれよと思いました。

共働きなんだから、シェアすべきだろ、と。

さらに、最初に引用した箇所に書かれているように、多くの共働き世帯では、夕食の支度等の家事負担も母親に偏っています。

このような状態が続けば、フルタイムで仕事がしたいと思っている女性たちもスタミナ切れしてしまうことは自明です。

多くの人が時短勤務やパートタイムを選択するなどして、昇進や昇給から遠ざかるいわゆるマミートラックへと追いやられます。

みんながみんな、雑誌で特集されるようなバリバリ働いて家事も育児も完璧にこなすスーパーワーキングマザーになれるわけないし、そもそもなる必要もありません。

そんな過大なタスクを働く母親に要求するなら、なぜ働く父親に同じことを要求しないのか。

日本社会における旧態依然とした性別役割分業意識の歪さがここに表れていると思います。

スポンサーリンク

【経験談】保育園の送迎で見かける父親の割合

保育園の送りでは父親の姿もちらほら

私は在宅で仕事及び家事をしている、自称兼業主夫です。

時間の融通がきくので、基本的に保育園の送り迎えは私が担当しています。

仕事が早く終わった時には妻が行ってくれることもあるので(ありがとう)、いい感じにシェアできていると思っています。

私の主観なので正確な数字ではないですが、うちの娘が通っている保育園(東京市部)では朝、結構父親の姿を見かけます(たまにお爺さんお婆さんの姿も)。

それでもせいぜい4人か5人に1人くらいの割合なので、決して多くはないですね。

保育園のお迎えでは父親を滅多に見かけない

お迎えとなると、断然お母さんだらけです。

お迎えに来る父親の割合は10人に1人くらいでしょうか。

地域差などもあるでしょうが、異様に少ないことは間違いないと思います。

最初の頃はお母さんばかりの中でお迎えに行くのはちょっとなぁと思ったりもしていましたが、今では何も感じないですね。

私の他にも珍しくほぼ毎日お迎えに来るお父さんがいて、パパ友になりました。

残業を減らし、多様な働き方を提供することが必要

お題目のように「女性活躍」などと唱えているだけでは意味がない

少子高齢化、人口減少社会に入った今日、女性の活用やら女性の活躍といった言葉が声高に叫ばれていますね。

保守政治家のおじいちゃん達の中にも「移民を受け入れるくらいなら女を働かせた方がまし」と考える人が多いようです(最低な発想)。

ただ、人口減少という問題解決のための方法は色々と議論に上がりますが、いざ実行するとなると一筋縄ではいかない現状があります。

表向きは女性活用を謳う政治家が、そもそも育児や労働環境等についての知見がなく、有効な手立てを打てていません。

「男は外で働き女は家で子育てするべき」といった昭和か!と突っ込みたくなるような旧来型の思考に凝り固まっている人(政治家に限らず)が日本社会に多いという現状もあるでしょう。

早くお家へ帰ろう

様々ある問題の中でも私が特に重要だと思うのは、日本企業が社員を会社に縛りつけ過ぎだということです。

小さな子供がいる父親、母親に、当たり前のように遅くまで残業を強いるという企業体質が、子育て世帯(特に母親)の生活を圧迫し、保育所の負担を増やし、キャリアを断念する人を増やし、労働人口を減らし、税収を減らし、財政を火の車にする、といったら言い過ぎかもしれませんが、こういったことの主要な原因の一つになっていると思います。

私もサラリーマンをやっていたので分かるのですが、「会社に長くいるやつほど偉い」という古臭い価値観が未だにはびこっているんですよね。

しかも多くの父親は「俺一人だけ早く帰れるわけないだろ」とかなんとか言って、国際的に見れば極めて特殊な日本の企業文化をあたかも普遍性を持った常識であるかのように振りかざし、家事、育児の責任から逃れるためのエクスキューズとして利用してしまう。

こういった戯言を吐かせないためにも、短い時間で高い成果を挙げられるような仕組みや、在宅勤務のような多様な働き方を社員が選択できるようなシステムを企業が作り、それを国が支援する必要があると思います。

日本の企業文化、労働環境の変革が実現できれば、子育て世帯の壮絶な日常はもう少しゆとりのあるものになるでしょう(同時に、子を持つ男性の意識改革も重要)。

父親だって定時で退社できれば保育園のお迎えガンガン行けるはずですよね。

行けるのに行かないというのはあり得ません。

以上、かつかつ主夫でした。

子育て関連の記事

▼共働き世帯の家事分担についても記事を書きました。

▼雨の日の送迎に役立つおすすめレイングッズ。

スポンサーリンク