キッズルーム付きのスーパービュー踊り子号は子連れ旅行に超おすすめ!

どうも、雨続きで保育園の送迎に四苦八苦しているかつかつ主夫です。

先日、妻の夏休みに合わせて1歳8ヵ月の娘を連れて、2泊3日の伊豆旅行に行ってきました。

スーパービュー踊り子号というJRの特急電車を利用したのですが、この電車が子連れ旅行にピッタリの電車だったので紹介したいと思います。

子連れ旅行のネックは電車

小さな子供を連れての旅行って大変ですよね。

特に電車やバスなどの公共交通機関を利用するときは周囲の目が気になって落ち着きません(子どもの声が騒音扱いされるような世の中ですしね)。

先日某特急電車に乗った時などは娘の機嫌が最悪で、iphoneで動画を見せて一時的に治まったものの今度は逆に興奮しだしてキャッキャと声を出し始め、前に座っている60代くらいの女性に睨みつけられるという非常に残念な経験をしました。

我が子が喜ぶ声を「騒音」と捉えるような人がいるのだと思うと悲しくなりますね。

そもそも公共の場所というのは老若男女みんなが集まる場所で、特定の年齢の人間に最適化されているわけじゃないんだから、まだしつけもできないような年齢の子供の声ぐらい我慢しろと声を大にして言いたいです。

そんなこんなで中々ストレスフルな子連れ電車でありますが、そうは言っても、我が家のように車を持っていない人は電車を利用せずに遠出することはできません。

そこで色々と調べていたところ、あったんですよ最適な電車が。

熱海駅や伊豆高原駅、伊豆急行下田駅等に停車するスーパービュー踊り子号というJRの特急列車です。

ちょうど、東京西部の自宅から近場の旅行先として伊豆が候補に挙がっていたので、ホテルの予約より先にえきねっとから予約しちゃいました。

スポンサーリンク

スーパビュー踊り子号にはキッズルーム(こども室)&ベビールームがある!

スーパビュー踊り子号を子連れ旅行におすすめする理由は、なんといってもキッズルーム(こども室)の存在です。

子どもを自由に遊ばせることができるスペースで、もちろん子どもが騒いでも大丈夫。周りも皆子どもと保護者なので気兼ねなく過ごせます。

さらに、個室にもなるベビールームがあり、授乳やオムツ替えにも利用できます。

僕たち家族がキッズルームを利用したときは、5、6歳くらいの子どもたち3人がはしゃいでいて、うちの娘を含む1歳前後の子たちが外を眺めたり、時折奇声をあげたり、自由に過ごしていました。

電車の中とは思えない光景、まさに子育中の我々にとってパラダイスですね。

▼キッズルーム(こども室) 

kids-room01画像元:スーパービュー踊り子号

▼ベビールーム 

画像元:スーパービュー踊り子号

スポンサーリンク

まさにスーパービューを堪能できる

スーパービュー踊り子号は、その名にふさわしく、眺めが抜群です。

ハイデッカー(高床式)で普通の電車に比べて視線が高くなるので、大きな車窓から伊豆の海や山を堪能できます。移動時間も観光気分を味わえるのはいいですね。

僕たち家族が行ったときはあいにくの曇り空だったんですが、それでも見晴らしは良かったです。晴れていたら最高じゃないでしょうか。

▼晴れた日はこんな感じ? 

画像元:スーパービュー踊り子号

キッズルーム(こども室)&ベビールームがあるのは10号車の一階部分

キッズルーム(こども室)とベビールームがあるのは10号車の一階部分です。なので、予約するなら10号車(二階部分)をお勧めします。

10号車は端の車両になるので正面から見える景色も良く電車好きのお子さんにはたまらないでしょう。電車の運転席も丸見えです。

ちなみに伊豆方面に向かう場合は進行方向とは逆向きに座ることになります。最初違和感がありましたがすぐ慣れると思います。

東京方面に行く場合は進行方向に向かって座ることになります。トンネルに入るときの臨場感は中々のものでした。

眺めが良いこともあり、娘(1歳8ヵ月)は海が見えてきたら一緒に指差したり、運転手の一挙手一投足をじっと見つめたりして楽しんでいました。

運よく機嫌も良かったので泣き叫んだりせずに済み、キッズルームで遊んでいない時間も無事に(笑)過ごすことができました。

キッズルームがあるということで子連れのお客さんも多く、あまり気を遣わずに済んだのも良かったです。

後ろに座っていた1歳半くらいの子どもが騒ぎ出した時には、「もっと騒げ!」と思っちゃいました(騒いでる子どもがいる方が気が楽なんですよ正直)。

▼キッズルームがあるのは10号車の一階部分

kids-room03

スポンサーリンク

えきねっとでの購入がおすすめ

チケットは、えきねっとでの購入をおすすめします。

えきねっととは、JR東日本が提供している指定席予約サービスで、会員登録するだけで指定席券が購入できます。

JR東日本の駅にある「指定席券売機」、「みどりの窓口」、「びゅうぷらざ」で切符の受け取りが可能です。

※JR東海の駅での切符の受け取りはおそらくできないと思うので、往復分の切符を事前にjR東日本の駅で受け取っておいた方がいいと思います。

僕たち家族が行った9月初旬は空席もありましたが、観光シーズンなどは混雑するかもしれません。基本的に東京駅始発で、新宿や池袋からも本数は少ないですが何本か出ているようです。

以上、参考になれば幸いです。

かつかつ主夫でした。

特急列車(子連れ)関連の記事はこちら

▼なにかと気をつかう子連れ新幹線の攻略法について。

▼スマホでロマンスカーを予約する方法などをまとめました。

▼特急わかしおに乗って鴨川シーワールドへ!情報まとめ。

子連れ旅行関連の記事はこちら

▼伊豆テディベアミュージアムで猫バスに乗ってきました。

▼雨の中、伊豆シャボテン公園に行ってきました。

▼鴨川シーワールドでシャチやイルカのショーを見てきました。

▼鴨川シーワールドホテルの口コミ、感想。

▼多摩動物公園の混雑情報やライオンバスについて。

▼国民宿舎「サンライズ九十九里」の紹介。